ヘッダ

ふるさとの祭りや芸能のビデオトークライブ【郷土芸能STREAMビデオライブ】 奇数月第2水曜日19時より、選りすぐりの郷土芸能の映像を上映しながらトークを繰り広げるイベントを開催しています。
実際に東京六本木の会場での参加も可能です。
アーカイブ配信もしています。ぜひご視聴ください!


ビデオライブ 


次回ライブ 2017年3月15日(水) 
第036回 郷土芸能ストリーム

「カセ鳥2017」

~寒中で水かけます!~
                                                   (2016.12.13更新)

【ネット番組予定表】
郷土芸能STREAMビデオライブ 奇数月第2水曜日19時~21時


【次回ビデオライブ】


**************転載歓迎****************

036 回 郷土芸能ストリームビデオライブ

カセ鳥 2017

~寒中で水かけます!~


■プレゼンター:
北河直子氏
★中野区歴史民俗資料館 学芸員
http://www.city.tokyo-nakano.lg.jp/dept/403200/d002866.html
★地芝居ポータル「地芝居(地歌舞伎)」に関する様々な情報を集め、発信していくポータルサイトメンバー
http://jishibaiportal.com/
★岐阜県美濃地域を中心とした獅子芝居などの研究も…

プレゼンター近影w


■日時:平成292017)年3月15日(水)19:00~21:00 関連映像上映&トークタイム 

■会場:(公社)全日本郷土芸能協会事務所 (東京都港区六本木4-3-6 三河台ハイツ206

■参加方法(定員15名~20名)
事前予約制、定員になり次第締切

参加申込みメールフォームより

 → http://ws.formzu.net/fgen/S19531047/

または、「マレの会」宛にメール

 →mare.no.kai.2012@gmail.com

※必ず事前にご予約の上、ご来場ください

※当協会からの返信をもってご予約確定となります
Facebookイベントページでの参加表明は、正式申込ではありません。

■参加費: (当日支払) 
 全郷芸会員参加:¥500
 一般参加   :¥1,000

■内容:
毎年2月11日、 山形県上山市で行われている奇習「カセ鳥」。 
<ケンダイ>という、蓑をかぶった若者たちが 「カッカッカー」と鳴きながら 近隣を巡って、 ご祝儀をもらったり、 祝水をかけられたり。
その異形、練り歩きは、一度見たら忘れられないインパクトを放ち、遠く海外からも参加者が集うほど。
商売繁盛や火伏を祈願する行事でもあるのだが、そのルーツは古く寛永年間にまで遡る。 明治期に一度途絶え、昭和34年復活。 その復活過程や組織形態にも特徴があり、 知るほどに味わい深く、 面白い行事といえる。
今回のストリームでは、つい先月に行われたカセ鳥の 取材で同地を訪れた祭り好き学芸員 北河直子氏がご登場。
最新のカセ鳥事情・情報、2017を、ご報告頂く。
    
■主催:(公社)全日本郷土芸能協会
           Tel.03-6434-9434  Fax.03-6434-9435 メール. info@jfpaa.jp