ヘッダ

-全日本郷土芸能協会プレゼンツ-
ふるさとの祭りや芸能のビデオトークライブ【郷土芸能STREAMビデオライブ】
奇数月第2水曜日19時より、東京六本木の郷土芸能スポット「全日本郷土芸能協会」にて、選りすぐりの郷土芸能の映像を上映しながらトークを繰り広げるイベントを開催しています。
アーカイブ配信もしています。ぜひご視聴ください!


ビデオライブ 


次回ライブ 2019年11月13日(水)19:30~22:00

第047回 郷土芸能ストリーム

日本に暮らす海外少数民族の芸能と継承

ミャンマー シャン族の文化・芸能・食を味わう夕べ


(2019.10.17更新)



【ネット番組予定表】
郷土芸能STREAMビデオライブ 奇数月第2水曜日19時~21時

プレゼンターを募集しています。
”芸能”を語りたい、語り合いたいというあなた!info@jfpaa.jp までご連絡ください。

会場は六本木の全日本郷土芸能協会事務所です


**************【次回ビデオライブ】転載歓迎****************

047回 郷土芸能ストリーム

日本に暮らす海外少数民族の芸能と継承

ミャンマー シャン族の文化・芸能・食を味わう夕べ

トー踊り

ゴールデンバガン店内



シャン族はミャンマーの少数民族の中でビルマ族に次ぐ人口で、北東部山岳地帯に暮らしています。今回のストリームでは、日本に暮らす海外少数民族へと焦点をあて、芸能映像やトークを中心にその伝統と文化を広く紹介します。



■プレゼンター:NANG KHAM MO HTUN


       ナン カン モ トゥン/モモさん(写真右の女性) 


ミャンマーの文化交流ツアーなど旅行の企画、現地添乗。通訳。
ミャンマービジネス進出コンサルティング。株式会社ゴールデンバガン経営者。

写真左の男性は、料理人で旦那様のサイさん。当日のシャン族料理を作ってくださる他、人の身長より高いミャンマー太鼓の披露もしてくださいます。幼少の頃よりシャン族芸能を継承し、メイン写真の「トー踊り」の踊り手でもあります。

お二人ともシャン州のご出身で、『在日シャン民族文学・文化協会』の副会長、名誉会長を務めていらっしゃいました。ミャンマーにはたくさんの少数民族がいるのですが、日本に暮らす少数民族同士で繋がるネットワークもあるのだそう。
当日は、そんな日本に暮らすミャンマー少数民族同士のお話しもお聞きになれるかと思います。

-------------------------------------------------------------

■日時:2019年11月13日(水)19:30~22:00


■会場:ゴールデンバガン
 (東京都新宿区富久町8-20 カーサ富久町1階)
  



・地下鉄丸ノ内線「新宿御苑前」2番出口、または「四谷三丁目駅」A2出口から徒歩8分
・地下鉄都営新宿線「曙橋駅」A1出口から徒歩5分、靖国通り沿い。



https://www.google.com/maps/place/%E3%82%B4%E3%83%BC%E3%83%AB%E3%83%87%E3%83%B3+%E3%83%90%E3%82%AC%E3%83%B3/@35.6911589,139.7151824,17z/data=!3m1!4b1!4m5!3m4!1s0x60188ceec53888c9:0x15345b94a79d262d!8m2!3d35.6911589!4d139.7173711



■内容:

 映像上映&トーク+シャン族料理つき交流会

シャン族は、ミャンマー北東部山岳地帯に暮らす人々です。ミャンマーは多民族国家で、人口6割を超えるビルマ族のほかに、シャン族・カチン族・カヤ―族・チン民族・カレン族・モン族・ラカイン民族など、135民族で構成されています。
 シャン族は、少数民族の中ではビルマ族に次ぐ人口を誇る民族で、納豆に似た大豆の発酵食品を好み、もち・豆腐など日本と近しい食べ物もあるそうです。
今回は、そんな日本に暮らすシャン族へと焦点をあて、芸能映像やトークを中心にその伝統と文化を広く紹介します。
日本に暮らしつつ、自国の芸能を継承されてきた歩み、その現状はどのようなものでしょうか。芸能継承を通じた両国の共通点や違いから、郷土を離れ活動する芸能保存会が増えた昨今の課題、活動へのヒントも見つかるかもしれません。
当日は、たくさんの芸能映像に加え、メイン写真「トー踊り」の聖獣(日本のシシマイに似ており、縁起がよいとされる)の頭もお持ちいただけるそう!是非実際にトー頭を触ってかぶってみてください。
また、現地でも踊れる方が少ないというビルマ族の踊り(お寺のお祭りなどで披露される)や、人の身長よりも大きな太鼓の実演も行います。ビルマ族の踊りは、スカート状の長いすそを蹴って踊るのだとか…基本の立つ構えから異なりますので、舞踊に興味のある方も是非♪
その他、来年2月に開催される『SHAN NATIONAL DAY's PARTY(シャン民族の日記念パーティー)』もご案内いたします。2月の記念パーティー当日は、トー踊りなど伝統の舞踊も数多く実演、一緒に踊ったり歌ったりできるそう♪パーティー見学&参加を前提に、なお深く理解するための事前解説レクチャーもします。シャン料理も楽しみつつ、食から風土を、またその暮らしに思いを馳せる夜をご一緒しましょう!
  

■料理:
シャン族料理のスペシャルバイキング、メニュー決定です!
北シャン州の料理を主に提供、発酵タケノコや調味料など、味の決め手に欠かせないものはミャンマーから直接仕入れており、本場の味にほぼ近い料理です☆
トフージョー ひよこ豆で作ったシャン豆腐のカリっと揚げ
ラペットッ
発酵させた茶葉にピーナッツや揚げニンニク、干しエビ、ゴマ、豆、唐辛子などを
塩とピーナッツオイルで混ぜ和えた一品
ヌ・ソム・ムー
バナナの葉で包み発酵させた豚肉とお米のシャンソーセージ
ワェッターミッチン
シャン風味「豚肉と発酵タケノコの煮込み」

などなど…これで全部じゃないですよー 笑
おなか一杯、ご用意して頂けるそうです。
ご参加の皆さま、お楽しみに…!


■参加方法
事前予約制、定員になり次第締切
参加申込み(以下2つのいずれかよりお申込み)

メールフォーム にて申込み
(上記クリックしてお申込み) 


→メール にて申込み 

メールの件名:「郷土芸能ストリーム申込み」
以下、ご明記ください。
①お名前
②メールアドレス
③お電話番号
④〒、ご住所
⑤所属団体名(あれば)
⑥興味がある郷土芸能・分野(芸能以外でも可)
⑦全郷芸会員か一般参加者か


※必ず事前にご予約の上、ご来場ください
※当協会からの返信をもってご予約確定となります
Facebookイベントページでの参加表明は、正式申込ではありません。


■参加費: (当日支払) 
シャン族料理バイキング+ソフトドリンク1杯つき
 全郷芸会員参加:¥3,250
 一般参加   :¥3,750
 ※アルコールも別途ご注文可能です
 ※恐れ入りますが、おつりのないようご用意頂けますと幸いです


■主催:(公社)全日本郷土芸能協会
           Tel.03-6434-9434  Fax.03-6434-9435 メール. info@jfpaa.jp