ヘッダ

-全日本郷土芸能協会プレゼンツ-
ふるさとの祭りや芸能のビデオトークライブ【郷土芸能STREAMビデオライブ】
奇数月第2水曜日19時より、東京六本木の郷土芸能スポット「全日本郷土芸能協会」にて、選りすぐりの郷土芸能の映像を上映しながらトークを繰り広げるイベントを開催しています。
アーカイブ配信もしています。ぜひご視聴ください!


ビデオライブ 


次回ライブ 2018年11月6日(火)19:00~21:00

第044回 郷土芸能ストリーム

うなり″

~浪曲・ふし啖呵たんかに咲く、祭りの風景~

                                                   (2018.10.16更新)



【ネット番組予定表】
郷土芸能STREAMビデオライブ 奇数月第2水曜日19時~21時

会場は六本木の全日本郷土芸能協会事務所です


**************【次回ビデオライブ】転載歓迎****************

044回 郷土芸能ストリーム

(うな)り″

~浪曲・(ふし)啖呵(たんか)に咲く、祭りの風景~




三味線の伴奏にのせ、語られる浪曲(浪花節)。明治初期より始まった芸能だが、その母体は説経節、デロレン祭文、阿呆陀羅経、その先祖には宗教音楽時代の説経、祭文であるという。
落語は「噺す」、講談は「読む」、浪曲は「語る」…と言われるように、それぞれ聴かせ所が異なる。

「百人浪曲師がいれば、百人とも節が違う」といわれ、屋号や師匠の芸は受け継いでも自分自身の節を確立しなければならない。節(歌)と啖呵(セリフ)を巧みに融合させ、三味線の間合いとも掛け合う総合芸術であり、そのバランスは非常に難しい。
今回の郷土芸能ストリームでは、浪曲師と曲師(きょくし)(三味線)のおふたりにご登場頂き、浪曲の成り立ちや歴史、初めて浪曲をきく方への手解きや、各々のパートから語る聴きどころや浪曲の楽しさを語って頂く。

また、澤氏とショートショート作家 田丸雅智氏が共に創作している「浪曲ショートショート(58分で語られる浪曲)」など、現代における浪曲スタイルも気になるところだ。
 
 最後は、浅草のお祭り風景などを節で語る『たけくらべ』、怪談『雪女』を生口演。節・啖呵など語り芸独特のリズム、抑揚を味わいながら〝唸り″の世界を堪能したい。
 



■プレゼンター:



浪曲師 澤 雪絵(さわ ゆきえ


撮影 森幸一


岩手県盛岡市出身。
もともと洋楽、特にハートを感じるR&BSoul musicが好きで、60年代〜80年代の洋楽に親しむ。たまたま手にした三波春夫さんの俵星玄蕃B.S.T Lap Mixを聴きCool!と衝撃。実際に生の浪曲を聴きたいと、口演へ。目当てで聴いた師匠澤孝子の浪花節に鳥肌がたち、母国語で、魂で唸り(歌い)上げる芸能があったのかと感動する。師匠澤孝子の唸る浪花節のかっこ良さに惚れこみ、入門。後世に伝承する事を使命とし、日々、藝の精進に努めている。
平成24年5月27日 名披露目
平成27年6月27日 BEGIN『うたの日コンサート2015 in 嘉手納』へ浪曲師として抜擢
平成29年6月 ショートショート作家 田丸雅智先生と浪曲ショートショートを発表
日本書鏡院・長谷川耕史先生に師事

日本舞踊・宗家西川流・西川祐子先生に師事






曲師 佐藤 貴美江(さとう きみえ



ロック命なさすらいの曲師。
曲師としては初の日本浪曲協会副会長でもある。
伝統を受け継ぎつつも、オリジナルな展開を模索。
その才能は浪曲界をとどまらず、ポップスの中西保志や歌謡界の氷川きよし、DJ小林克也など多くのアーティストと共演するなど幅広く活動している。

また、そんな独特なセンスでシンガーソングライター・天川流那としても密かに活動中。










------------------------------------------------------------------

■日時:
 2018年11月6日(火)1900~21:00 
 浪曲講座、三味線の解説
 みんなで〝唸り”体験
 浪曲生口演 
  演目(予定)
 ・浪曲ショートショート 
 ・古典浪曲「たけくらべ」、「雪女」


■会場:左内坂スタジオ
新宿区市ヶ谷左内町28)
  JR線・有楽町線・南北線・都営新宿線
「市ヶ谷駅」各出口より徒歩5分程度。

※今回は変則の火曜開催・会場も通常と違います
ご注意ください

■参加方法(限定 20名)
事前予約制、定員になり次第締切
参加申込み(以下2つのいずれかよりお申込み)

メールフォーム にて申込み
(上記クリックしてお申込み) 


→メール にて申込み 

メールの件名:「郷土芸能ストリーム申込み」
以下、ご明記ください。
①お名前
②メールアドレス
③お電話番号
④〒、ご住所
⑤所属団体名(あれば)
⑥興味がある郷土芸能・分野(芸能以外でも可)
⑦全郷芸会員か一般参加者か


※必ず事前にご予約の上、ご来場ください
※当協会からの返信をもってご予約確定となります
Facebookイベントページでの参加表明は、正式申込ではありません。


■参加費: (当日支払) 
 全郷芸会員参加:¥1,000
 一般参加   :¥1,500


■主催:(公社)全日本郷土芸能協会
           Tel.03-6434-9434  Fax.03-6434-9435 メール. info@jfpaa.jp